« 出産の記録 第1話 | トップページ | 出産の記録 第3話 »

出産の記録 第2話

出産の記録 第2話

夜中の12時をまわって、さすがにまずい感じになってきたクミンゴ。

「もう病院に行こう!」

という話になり、山口から福岡に向かっている主人に電話。

クミンゴ「今から行くから!直接病院に来て!」

夫「え!今、家についたよ!」

なんと、奇跡的に、ちょうど家に到着したらしい。

というわけで、夫の車で産婦人科に向かう。

車に乗ってから、陣痛が激しくなってきた。

数分間隔で

「あいたたた・・・。」

と縮こまるクミンゴ。

「どんな感じなん?」と聞かれても説明のしようがない。

「あえて言うなら、脳みそに野球のボール(硬式ね)をねじ込まれている感じ?」

「・・。全然わからん。」

そりゃそうよね。子宮がない夫に脳みそで例えてみたけど、全く伝わらず。

まだ、こんな話ができているから、痛みもたいしたことはなかったわけですが。

さて、12時半に産婦人科(福岡の筑紫クリニック)に到着。

かなり、痛みが激しくなってきた。

陣痛が来るたびに、歩みが止まってしまう。

家に居なくて、本当によかった・・・。

スタッフの方に出迎えられ、一安心。

これから、本当の戦いが待っていた・・。

第3話は3月24日 15:00公開予定

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです

|

« 出産の記録 第1話 | トップページ | 出産の記録 第3話 »

出産の記録」カテゴリの記事

コメント

うきゃー☆
ドキドキ(><)

投稿: たんたん | 2009年3月22日 (日) 23時48分

たんたんたぬきちもいつの日か・・☆

投稿: クミンゴ | 2009年4月 4日 (土) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056602/28518657

この記事へのトラックバック一覧です: 出産の記録 第2話:

« 出産の記録 第1話 | トップページ | 出産の記録 第3話 »