« ショートヘア | トップページ | 出産の記録 第2話 »

出産の記録 第1話

じゅじゅの誕生日を記念して

出産のことを書いておこうと思います。

長いので、お時間のある方、出産に興味のある方は見てやってください。

第1話

19日早朝。

30分おきに軽い痛みがやってきた。

痛みはたいしたことないのだけど、定期的だから、「これが陣痛なのかなぁ。」と言った感じ。

予定日を過ぎていたから、「あ~。ついにやってきたかも!!」と喜びでいっぱいになる。

とりあえず、主人に電話。

私:「今日生まれそうだよ。」

主人:「腹痛じゃないんか?」(遠距離なので、簡単に来れないのでこんなことを聞く。)

私:「・・・・angry。違うと思う。」

昼間もずっと定期的に痛みがやってくる。20分とか15分間隔。

病院に電話してみるものの、「痛みがほとんどないので、様子を見ましょう」と言われる。

うろうろしながら日中をやり過ごす。

「産まれるんかなぁ~。」と笑いながら話すクミンゴ。

「笑ってる間は出産はないよ。そんなに甘くないわよ・・。」と母。

この言葉、後で身をもって体感することとなる。

夕方6時。10分おき。

初産は30分おきの陣痛で病院に行くことになっているのに、まだ自宅にいる。

大丈夫なのかしら・・・。

ご飯を食べて、お風呂に入って、夜がどんどん更けていく。

主人は、残業を終えて、やっと山口から向かっているとのこと。

どんどん、痛みが来る間隔が狭くなってる!

そろそろ病院に行った方がいいかも・・・。

と思いながらも

ソフロロジーのCDをひたすら聞いて過ごす。

※ソフロロジーとは、リラックス分娩法のことです。

夜中の12時。

さすがに痛みが激しくなってきた。

どうなるクミンゴ!

第2話は3月22日 15:00公開予定

↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです

|

« ショートヘア | トップページ | 出産の記録 第2話 »

出産の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056602/28222831

この記事へのトラックバック一覧です: 出産の記録 第1話:

« ショートヘア | トップページ | 出産の記録 第2話 »