« じゅじゅとママの絵 | トップページ | トイレトレまったく進まない! »

トイレトレーニング完了にむけて

現在のじゅじゅ、トイレトレーニングの佳境へ入ってまいりました。

もう、言わなくても、トイレに行く心構えはできているみたい。

でも、なんせ2歳児。遊びに夢中になれば、おもらししちゃうし、

イヤイヤが始まって行かないで、もらしちゃうことも。

でも、おもらししても、一応私は何も言わないことにしています。

何も言わないと言っても、多少は言いますが、

「おしっこ出たねぇ。おしっこ出たのわかったね。大丈夫だよ~。ふきふきしよう。」

とかそのくらいでしょうか。

こっちの気が立っているときは、ついつい

「あ~!出た!さっきママがさそった時に、トイレしておけばよかったじゃん!」

とか言ってしまうこともあります・・・。

あんまり良くないんでしょうけど、こっちも人間ですから、多少は言いたいときもあります。

トイレに行くことができたときに、褒めちぎるのはもうやめました。

もう、行くという意識は作ることができたので、今褒めすぎると、逆に

「失敗したらダメなんだ・・・。」

って思わせそうだから。

失敗してもいいの。

うまく行ったら、もっといいの。

そんな気持ちで接すると、じゅじゅも安心してトイレできるみたいです。

先日、テレビでヨコミネさんが言ってましたね。

「子どもは失敗から学ぶんですよ。」

と。

失敗したときに、親がどんな反応をするか。

親がド~ンと構えていたら、子どもは安心して失敗から学ぶことができるかと思います。

子どもは子どもなりに成長したいと思っているようです。

褒められるから、叱られるから、という理由ではなく、自らの意志で大きく、立派になりたいという欲求を持っていると思います。

そんな欲求にたいして、親は・・・

サポートするよ!

見守るよ!

うまくいくように手伝うよ!

うまくいかなくても大丈夫!甘えたい時は甘えていいよ!

そんな心構えが必要なのかなぁと最近思います。

追伸:

・・・・って、頭ではみんな分かっているんですよ。

それがうまく実行できないのよ。

うまく実行できなくても本当はいいんですよね・・・。

でも理想を常に頭に描くことはとても大事。

イメトレです。

できなくてもいいの。

私達も失敗から学べばいいんだもん。

それと、心に余裕があると、実行できることがありますね。

どうすれば心に余裕ができるのか?

そこらへんもおいおい記事にしていきます☆

|

« じゅじゅとママの絵 | トップページ | トイレトレまったく進まない! »

トイレトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056602/35211403

この記事へのトラックバック一覧です: トイレトレーニング完了にむけて:

« じゅじゅとママの絵 | トップページ | トイレトレまったく進まない! »